外壁塗装で外側からからバリア|見た目も性能もグングン向上

Wall color

劣化に気づくこと

なぜ埼玉では外壁塗装に気をつけるべきなのか

Wall color

新築後10年近く経つと、そろそろ外壁塗装リフォームを考える頃です。 ただ、この時期の外壁は一見したところそれほど大きな損傷がないことが多く、まだ大丈夫だろうと後回しにしがちと言われています。 しかし、家を長持ちさせるためにはこうしたことを見送ると、後々かえって大きな損害を受ける可能性があるのです。 注意して細部まで確認して、異常が見つかったらすぐに外壁塗装を行うようにしましょう。 外壁塗装を行う時期かどうかを見極めるポイントとして、外壁塗装のヒビがよくあげられます。外壁は異常が出る前にヒビが出るため、ヒビが出始めたらリフォームを検討するべきなのです。 そのため、リフォームの時期が訪れたら外壁の様子に注意を払うことが大切であるとされています。

劣化のサインとリフォーム業者選びのコツ

外壁塗装の劣化のサインは、小さなヒビや剥がれがある、ベランダや日当たりの悪い箇所に黒カビや苔が生えている、外壁を手で触ると手に白い粉状のものがつく等があげられます。 このような劣化を放置していると、損傷部分から雨水等が侵入し、やがて柱などの家の構造物を腐食させる可能性が高くなるのです。 シロアリの発生は、こうした雨水による腐食と大きな関係があると言われています。 こうしたことから、劣化がみえたら早急な外壁塗装リフォームが必要とされているのです。 ただし、多くの人は外壁塗装リフォームに詳しくないため、いったいどれくらいが相場なのか、それが必要な工事なのか等よくわからないまま業者任せにしてしまい、後で高額請求に驚くということが少なくないようです。 こうしたことを防ぐためには、複数の業者に見積りを依頼し、それを比較することで妥当な相場や工程を知り、条件の合う業者を見つけることができるとされています。 ただし、見積りを依頼する業者選びから不安という人は、優良業者のみが登録され無料で利用できるリフォーム業者の一括見積りサービスの使用が推奨されています。 これを使えば、複数の業者に一括して見積りを取ることができるのです。